ネットをしているとブルーエイドの広告を見たことがある人はいませんか?

ブルーエイドの公式サイトを見ると「1ヶ月で15cm伸びる」「包茎・EDが改善する」「30日で巨チンになれる」ような感じで怪しく書かれています。

正直私は「怪しい」と思いました。
以前ダイエット系のサプリで騙されたことがあるので、かなり疑心暗鬼になっているのです。

また、私以外にも多くの方がブルーエイドは怪しいと思っているのではないでしょうか?

と言うことで、今回ブルーエイドに本当に効果があるのか?それともただの怪しいサプリなのか?を調べて記事にしてみました。

ブルーエイドの評判はこちらの記事に書いています。

ブルーエイドって怪しい?

ブルーエイドの公式サイトは完成度が高く作られていますが、その効果が高すぎてそのまま鵜呑みにすることはできないですよね。

商品を売るために広告上では少し大袈裟に効果を書いたりしますが、ブルーエイドはかなり嘘くさく怪しいのです。

ブルーエイドが怪しいと思っている人のコメント

某巨大掲示板を見ると「ブルーエイドは怪しい」と書いている人のコメントを見つけたので、以下に紹介していきます。

男性3男性3


怪しさ満点な感じが伝わってきます!
僕はアソコを大きくして女の子にモテたかったので、色々調べたところブルーエイドに辿りつきました。しかし商品ページを読むと、かなり短小な男性が短期間で巨大なブツに変貌を遂げていた描写があり「怪しい」と思いました。確かに何もしないよりは効果があると思いますが。しかしここまで激的な変化があるとは私は思えないのです。


男性4男性4


本当に効果ってあるのかな?(汗)
精力剤系のアイテムって世の中に一杯あるんですが、ブルーエイドは本当に効果があるのか疑わしいとこですよね(汗)実際僕は以前に精力剤を飲んでいましたが、イマイチな効果で途中で断念したくらいです。またブルーエイドはおそらく新商品でまだ世の中に定着してないはずです。つまり、購入するには慎重に検討しないと痛い思いをすることになるかもです。


上記のコメントを見ると怪しいと感じる人は多いようですね。

ブルーエイドが怪しいと思う理由

ブルーエイドが怪しいと思う理由はいくつかあります。
個人的には以下の点が怪しいと感じました。

  1. 30日で25cm越えのデカチンに
  2. 女性を断続的にイカせられる
  3. 短小・包茎が改善

ブルーエイドを使うだけで、陰茎が増大して女性に満足してもらえると言われても、簡単に信じられないんですよね。

もし本当に効果があるなら、世の中のほとんどの男性の股間がモッコリしてると思うんです。

ブルーエイドで効果がでる理由を調べた

そこで私はブルーエイドを使って効果がでる理由を成分をメインに調べてみました。

もし何も理由がなく効果があると書かれていたら、それは怪しいと言うより詐欺になりますからね。

まず1つ目の成分にオタネニンジンエキスがあります。
オタネニンジンとは高麗人参、または朝鮮人参に呼ばれています。オタネニンジンには血管を拡張させ血流を促す働きがあり、陰茎に直接塗ることで増大力を高めることができるそうです。

次に2つ目の成分にニンニクエキスがあります。
ニンニクエキスとはニンニクから抽出されたものです。ニンニクエキスには体を温める働きがあり、陰茎に対し持続力を持たせる効果があるそうです。

最後はオリゴペプチドです。
オリゴペプチドとは成長因子効果がある成分です。オリゴペプチドは体内では作られません。しかし陰茎に塗ることでグングン成長させ太く大きくたくましくさせます。

調べた結果、意外にもブルーエイドには本当に効果がありそうですね。

上記だけ読むと怪しい点は見つかりませんが、まだ不安に感じている人はいるはずです。

ブルーエイドを怪しいと思ったけど購入してみた結果

成分を調べ怪しくないことがわかったので、実際に私はブルーエイドを購入してみました。

ブルーエイドの見た目は一般のジェルと特に変わらない感じで、陰茎に塗っても違和感はなくすぐに肌に浸透していきました。

まず最初の1週間は特に変化は見られませんでした。
ブルーエイドを塗った後にくる「温かさ」は感じられましたね。

私はその後も毎日ブルーエイド陰茎に塗り続けました。
そして1ヶ月が過ぎる頃に大きな変化があり、陰茎を勃起させてみると以前より長さが1.5倍になっていたのです。

ブルーエイドは怪しくなかった

ブルーエイドを使う前は風俗嬢の方には「サイズが小さい」と指摘されていたいのですが、最近では「こんなに大きな人見たことがないと褒められたのです。

ブルーエイドを怪しいと思う人はいると思います。

しかし、実際に効果がある証拠があったので購入しても問題ないと私は断言できます。

ブルーエイドの評判はこちらの記事に書いています。